パティシエ 坂下寛志 Pâtissier Sakashita Hiroshi

【実験】 発泡スチロールの保冷効果

      2016/01/21

実験記事一覧はこちら。
発泡スチロール箱を使って、
お菓子を実家(石川県)まで、持って帰ってみました。
※行なったのは、1月1日です。
1_20121103163404.jpg
ロールケーキと、トゥルモンドショコラを入れた、発泡スチロール箱に、
2_20121103163404.jpg
保冷剤40gを計④個入れて、出発。
3_20121103163403.jpg
駅構内は20℃くらい。
4_20121103163403.jpg
ANA。
6_20121103163402.jpg
空港内も20℃くらい。
5_20121103163402.jpg
5℃くらいで、保冷が続いています。
7_20121103163838.jpg

Sponsored Link

石川県、能登空港。外は雪景色。
9_20121103163837.jpg
スタートから④時間経ってますが、5℃くらいで保冷されています。
8_20121103163837.jpg
七尾駅に到着。
10_20121103163836.jpg
実家で計測。5時間半後で、約7℃でした。
11_20121103163836.jpg
美味しく食べましたが、9時間後でも、7℃くらいでした。
というわけで、
遠方へは、発泡スチロールを使えば、難なく運べることが分かりました。

3つ

トゥルモンドでは、パティシエ・販売員の正社員を募集中です。

詳しくはショップの募集ページまでどうぞ
レシピの最新版を公開しています。

https://note.mu/sakashita

 - 実験