パティシエ 坂下寛志 Pâtissier Sakashita Hiroshi

お勧めの小説 1

      2016/03/15

IMG_0156
今年に読んだ小説の中で、お勧めのものだけ抜粋してご紹介します。
特に広めたい、という訳ではないのですが、
世に出した以上、多くの方に読んでほしいというのが、
作家さんの願いだと思いますので、ご紹介します。

私たちの菓子もそうですね。
クラシック音楽もご紹介したいところです。

興味が出た方だけ、本屋さんなどで手に取って頂けますと幸いです。
内容に関しては、特に書かないようにします。
載せているのは、全てお勧めです。


本日は大安なり (角川文庫)
辻村 深月 (著)
読むときの気分:いつでも


サファイア (ハルキ文庫)
湊かなえ (著)
読むときの気分:いつでも


彼女は存在しない (幻冬舎文庫)
浦賀 和宏 (著)
グロイのがダメな人には、お勧めしない。


東京すみっこごはん (光文社文庫)
成田 名璃子 (著)
ほっこりできます。


ふくわらい (朝日文庫)
西 加奈子 (著)
入り込めなくて、途中で読まなくなる小説もあります。
なかなか入り込めないなと思っていたら、
気づかぬうちに入り込んでました。


母性 (新潮文庫)
湊 かなえ (著)
勧めます。

3つ

トゥルモンドでは、パティシエ・販売員の正社員を募集中です。

詳しくはショップの募集ページまでどうぞ
レシピの最新版を公開しています。

https://note.mu/sakashita

 - 雑記