パティシエ 坂下寛志 Pâtissier Sakashita Hiroshi

安全なプリンのカラメルの作り方

      2016/03/19

_MG_1500プリンのカラメルを作ろうとして、
水または湯を入れた時に、飛び散ってコンロ周りが大変な事に、
なってしまったことはありませんか。
火傷もしますし、危ないですよね。

そんなカラメル作りの、飛び散らない安全なやり方をお教えします。

基本の手順

<材料>
グラニュー糖 100g
5~7g
<基本の手順>
・グラニュー糖を鍋に少しずつ入れ、焦がしていく。
・適度に焦がしたら、水を入れてカラメルを止める。

まずは、基本の手順です。
まだ、安全なコツは出てきません。

上記の配合でいうと、グラニュー糖を10~20gくらいを鍋に入れて、溶かします。
8割ほど溶けたら、また少しグラニュー糖を入れて、混ぜ溶かしていきます。

これを、一度にすべてのグラニュー糖を入れる方法にすると、
混ぜづらくなり、部分的に固まります。
固まっていないところは焦げていきます。
最終的にこれが合わさると、苦くて甘い、美味しくないカラメルとなります。
(味の面からいえば、意外と重要なポイントでした。)

ですので、均一に焦がしていくために、少しずつ砂糖を入れます。
そして、適度に焦がしたら、水(または湯)を入れ、カラメル化を止めます。

Sponsored Link

カラメルが飛び散るワケ

最後に入れる水が危ないですよね。
一般的な焦がし具合のカラメルは、170~180℃くらいになっていると思います。
そこに、水を加えると、急激に沸騰(突沸)します。
その勢いで、カラメルも飛び散る訳ですね。

たまに、熱湯を入れれば、そんな飛び散らないよ、というのもあるのですが、
水に比べて、という程度で、突沸はします。
そもそも、熱湯を用意するのが、面倒です。

安全な水の入れ方

そこで、安全な水の入れ方です。
水を張ったボールに、なべ底を浸けるだけです
_MG_5985
_MG_5990
鍋の周りの水は沸騰するので、カラメルよりはましですが、
気を付けてください。

ある程度収まったら、水を加えます。
カラメル自体の温度を落としてから水を加えるので、
突沸を防げるという訳です。
_MG_6000(ピントが全く合いませんでした 笑)
これで安全です。

普通に混ざりますが、水とカラメルが混ざりづらい時は、
冷やし過ぎなので、また少し火にかけ、混ぜながら温度を上げてください。
上げ過ぎると、また焦げ始めるので、扱いやすい硬さくらいにしてください。

補足

では、トゥルモンドではどうしているかというと、
突沸を無視して、水を入れて逃げています(笑)。
そもそも、そんな飛び散らないですけど。

家庭では、お子様とも楽しんでほしいので、
できるだけ安全な方法で作って頂きたいです。

残ったカラメルはクッキングペーパーなどで、
一度固めて、容器にいれて冷凍保存とかできます。
(私は、面倒なので、あまりしません。)

残ったものに、さらに水を加えて、温め伸ばせば、
カラメルソースの出来上がりです。
糖度が高いので、冷蔵保存なら、かなりもちます。

これを取っておいて、バニラアイスにかけたりすると、
順調に太れますので、お勧めしません。

3つ

トゥルモンドでは、パティシエ正社員を募集中です。

・販売員の募集は、現在しておりません。

詳しくはショップの募集ページまでどうぞ
各レシピ分量の最新版を公開しています。

【公開レシピ一覧】

・『リモーネ アマルフィ』

・『ティラミス』

・『フェリシテ』
【トゥルモンド ニュース】

・『シュキュラン』が限定価格¥270→¥200。

・『テリーヌ ショコラ』が限定価格¥1,950→¥1,500。店頭でも。

販売ページ

 - 製菓理論 ,